www.revitol.info
愛車を売る際や、また車の売却のさいも印鑑証明というものがなければなりません。この印鑑証明というものに関して説明しましょう。印鑑証明とは実印であることを証明する目的を持つ公式な書類です。印鑑証明がないのであればその印鑑が実印であることが実証できません。決して小さくない売買になる愛車の売却ですからどうしても実印が必要になりますが、それと同時にこの印鑑証明も登場します。この印鑑証明を発行するには、まず印鑑証明をする必要があります。印鑑証明に登録する印鑑は普通、実印といい世界で唯一の判子でなくてはなりません。印鑑を手配して、お近くの市町村役場の担当部署へ出向けばすぐに印鑑登録できます。印鑑登録をすれば印鑑登録カードというものが交付され、その判子は実印として使えるようになったということになります。印鑑証明、正式名称は印鑑登録証明書を交付してもらうには市町村役場の担当部署へ出向き専用の用紙に必要事項を書き込んで印鑑登録カードを出すだけです。それに自動交付機を使って印鑑証明の書類を発行してもらうことができます。印鑑証明には有効期限などはないのです。ですから、どんなに前の印鑑証明であってもその効力は持続することになります。しかしクルマ買取のときには、必須条件として現在より3ヶ月以内に発行されたものが有効とされています。ほとんどの場合有効期限などはないのですが車買取の際は買い取り先が有効期限を定めていますのでもし自動車の買取予定の車があるのならば最初に持っておく必要があります。